旧暦三月三日『御燈の剱』奉納

声咲く

旧暦三月三日で『御燈(ごとう)』の日です。
(新暦では、4/3にあたりました。)

火の御明(みあかし)を
北極星に奉るという行事。

つまり、妙見さまに火を捧げるのです⭐️
北斗七星を従えて
北の中心にずっとおられる星。
北辰、北の子(ね)の星とも言われますね。

祖母の家の北側には
まさに北山と言われる鷹ヶ峰がありました。

この山の峰で、
古く『御燈』を捧げる祭祀があり
それは旧暦の三月三日と九月三日に献じられていたと言います。

 

北面して北極星を仰ぎ
『妙見菩薩陀羅尼経』をあげて…
真っ暗な中、神咒を唱えます。

そして、ポラリスに同化する火🔥
『御燈』を北極星に捧げ奉り
「モノを見通す妙なる目」を授かるのです。

オン ソチリ シュッタ ソワカ
オン ソチリ シュッタ ソワカ
オン ソチリ シュッタ ソワカ

妙見さまの真言を唱えます。

この後、七ツ星の剱振りを捧げますが、
それは北極星=中心 に仕える従者である
北斗七星をあらわしています。

北斗七星=柄杓 は
一日かけて北極星のまわりを一周します。
また、一年後の北斗七星は北極星に対してほぼ同じ位置にいます。
ですから、これらは全体でひとつであり
時計にもカレンダーにもなって全宇宙を動かしているのです。
すごい💫

 

さて、鷹ヶ峰にある岩戸妙見さまという
私の大好きなお寺さまの石造の妙見神像は
右手にツルギ・左手に蛇・頭には北斗七星を頂いておられます✨

岩戸妙見さまと同じように
私も右手にツルギを持ちますが
それは火を映す鏡の働きであるとも感じます。

目に見える世界を支える目には見えぬ世界。
そこへと通じさせる鏡が
430光年の距離を超えさせてくれるのかもしれません。

全てが終わると、『御燈』が消されて
一面がまた暗闇になります。

菜種の御灯明油と藺草の芯がの残り香だけがたゆとう。
何とも神秘的な美しい行事です💫

 

北極星、北斗七星のことは下記のサイトがおすすめです。
ボイジャーが飾ってあり、大好きな科学館です


多摩六都科学館WEBより

 

  • SHARE

声咲く・最近のエントリー

  • 美瑛へ NHK「スイッチインタビュー達人達」の撮影でした!

    美瑛へ NHK「スイッチインタビュー達人達」の撮影でした!

    佐治晴夫先生とパシャリッ 💫 来週の月曜日に放映される NHK『スイッチ…

  • 夏至です!

    夏至です!

    夏至です✨ 昼の時間が一番長い日。 陽の陽、極まれり、です! 日本では夏…

  • 夏至前の満月を迎える朝の準備

    夏至前の満月を迎える朝の準備

    今夜、夏至前の満月を迎えます。 この満月は冬至の太陽ルートを渡りますから…

  • 満開に咲く、菖蒲田でリトリート💫

    満開に咲く、菖蒲田でリトリート💫

    明治天皇の御后、照憲さまも大切に 集められたという菖蒲(あやめ)は この…

  • 蓬で作った「五月玉」です💫

    蓬で作った「五月玉」です💫

    旧五月五日(6/3)でしたので、薬狩をしてきました! 薬狩は、丁度梅雨時…

  • 六月になりました✨

    六月になりました✨

    六月一日は、「氷の節会」「氷の節句」です❄️ しかしながら、 この行事は…