六月になりました✨

声咲く

六月一日は、「氷の節会」「氷の節句」です❄️

しかしながら、
この行事はやはり旧暦でお祝いしたい。
次の新月である夏の盛りの
「氷の朔日(ついたち)」にお祝いするのがよいですね💓

平安時代の宮中や将軍家では、
山にある氷室の氷を取り寄せて、
その氷を口にして暑気を払うという行事が行われました。

『延喜式』には
「北山の氷室から宮中に氷が献上された」とありますし、
『枕草子』には甘葛を氷にかける「削り氷」のレポート、
『源氏物語』にも「氷水」でお茶漬けならぬ水漬けを召す
涼しげで贅沢なシーンが出てきます。
まさに、“あてなるもの”です✨

氷室は冬の氷を夏まで保存しておく神秘の場所。
冷蔵庫のない時代、
氷はどれだけの貴重品だったでしょう。
将軍に献上する加賀藩など、どれだけ命懸けで運んだのでしょう。

あぁ、電気文明、ありがとう💛

さて、庶民たちは、せめて心で涼をとろうと、
氷をかたどった三角形の和菓子 “水無月”
を食するようになりました。

京都では、この“水無月”を6/30の
「夏越の祓」の日に頂きます。
茅の輪くぐりをする日ですね。

今日は予祝な意味も込めて
水無月を買ってみました。

私は、白ではない黒糖の水無月がお初です💫

※旧暦六月一日は、新暦では6/29(水)です。

 

  • SHARE

声咲く・最近のエントリー

  • 旧暦『夏越の大祓』

    旧暦『夏越の大祓』

    昨日は7/28は、旧暦の6月30日で 「旧夏越の大祓」の日でした。 東大…

  • 「胡瓜加持」をご存知ですか?

    「胡瓜加持」をご存知ですか?

    夏の土用の丑の日は もちろん鰻なわけで、私も大好きですが。 京都では「胡…

  • 迦陵嚬伽 (かりょうびんが)

    迦陵嚬伽 (かりょうびんが)

    美剱舞 〜迦陵嚬伽 (かりょうびんが)〜 炎のごとくに羽ばたく「二刀の歌…

  • 旧七夕への準備🎋 棚機津女のお話

    旧七夕への準備🎋 棚機津女のお話

    ♬なぬかのよと あめのみそおりめ… かの秀起つる 浪穂の上に 八尋殿をた…

  • 「こどもみつるぎ 」 夏の体験レッスン開催!!

    「こどもみつるぎ 」 夏の体験レッスン開催!!

    桜月流 こどもみつるぎ 夏の無料体験レッスン開催致します💫 ⑴   p-…

  • 旧六月十六日「嘉祥 の祝」

    旧六月十六日「嘉祥 の祝」

    今日は、旧暦の六月十六日。 「嘉祥 (かしょう)の祝」という 御菓子をい…